【お問い合わせ】
株式会社
 イメージア・ソリューション
TEL(本社):0225-25-6917
MAIL:info@imagia.co.jp
QRコード
Meet Meeting -ペーパーレス会議ソリューション-

Meet Meetingは、iPad、Android、Windows PC対応の、タブレットやノートPCなどのモバイルデバイスを活用した簡単・高速・安全なペーパーレス会議システムです。同時接続台数や同時開催会議数は無制限で、Active Directoryとも連携可能。端末に会議資料データが残らない設計で、セキュリティが重要な役員会議、遠隔地などの拠点間での打ち合わせやミーティング、大規模セミナーなど、幅広いシーンで活用できるため、ペーパーレス化によるコスト削減を、すぐに実現することができます。

Meet Meetingの4つのポイント
  • マルチデバイス対応
  • BYODでも安心
  • 音声機能で遠隔地とも安全な会議
  • LDAP認証連携をサポート
before_after

従来の会議では、会議毎に大量に印刷される紙資料の用意のために膨大な作業と労力、消費される紙やトナーにコストをかけてきました。また、メモを書き込んだ資料をせっかくファイリングしても、資料が活用されなかったり、資料そのものを紛失してしまう情報漏えい事故も少なくありません。 ペーパーレス会議システムを導入することで、スムーズかつ効率的に必要な資料を準備でき、会議終了後も安全かつ有効な資料活用が行えます。また、紙やトナーにかけるコストの削減はもちろんのこと、作業工数の大幅な短縮による業務効率化を実現できます。


3ステップで簡単にペーパーレス会議に参加

Meet Meetingは、使いやすさ、わかりやすさを重視したシンプルで直観的なインターフェイスを採用していますので、利用者へのトレーニングに時間をかけずに、すぐ簡単にペーパーレス会議を始めることができます。主催者との画面共有、手書き、テキストメモといった標準的な書き込み機能はもちろんのこと、資料の先読み、切り替えも簡単に操作できます。

  • STEP1

    新しい会議が登録されたら通知が届く

    ・カレンダー表示で会議開催日がすぐわかる
    ・その日の会議が一覧で確認できる

  • STEP2

    会議開始前に会議の詳細や資料を確認する

    ・会議の参加者、場所など詳細が一目で確認できる
    ・事前に資料に手書き入力やメモもできる

  • STEP3

    会議資料のページ送りや進行は主催者にお任せ

    ・発言者の画面と同期し会議進行をスムーズに
    ・直感的なインターフェースで操作が簡単


運用イメージ

運用イメージ

持ち運べるノートPC型のMeet Meeting登場!
初期導入費用を大幅に削減してペーパーレス会議を始めませんか?

Meet Meetingの「ポータブルモデル」は、ノートPC1台にMeet Meetingのサーバシステムをインストールして提供します。専用サーバの導入や難しい設定作業は一切不要ですので、お客様のお手元に届いたその日からすぐペーパーレス会議を行うことができます。

「ポータブルモデル」は、中堅・中小企業様を中心とした以下のようなお客様に、特に最適です。
・Web会議のようなクラウドサービスはセキュリティに不安がある(会議資料を外部に置きたくない)
・導入に時間をかけずに、すぐに少人数からペーパーレス会議を始めたい
・システム導入時のコストをできるだけ抑えたい

持ち運び自由な「ポータブルモデル」なら、会議専用ネットワークを利用した、社内ネットワークに影響を与えない快適なペーパーレス会議はもちろんのこと、社内だけでなく訪問先や貸し会議室など、場所を選ばない自由なペーパーレス会議を開催できます。

ポータブルモデル利用イメージ

大規模セミナー・トレーニング・アクティブラーニングでの活用

大規模セミナー・トレーニング・アクティブラーニングでの活用

Meet Meetingには、会議参加者全員で行えるグループチャット機能を備えています。このチャット機能はアクティブラーニングの推進にも有効です。生徒同士による能動的なグループディスカッションを活性化させ、授業や講義への取り組みへの姿勢を向上させる助けにもなります。
また、大規模なセミナーや研修でありがちな、参加者の質問の機会を失うことはありません。聞き逃してしまった内容、確認したい内容をリアルタイムで講師に伝えることができますので、参加者の講義満足度を高めることができます。
このチャット機能は、会議終了後でも確認することができますので、チャットの内容を議事録として活用したり、教材の充実に役立てることも可能です。


iPad、Androidタブレット、Windows PCのマルチデバイス対応
すぐに会議のペーパーレス化

Windows PCでもタブレット端末用のクライアントと同様に、使いやすさ、わかりやすさを重視したシンプルで直観的なインターフェイスを採用しています。また、PC版ではワイドな画面を有効に活用し、会議資料と同時に会議参加者の情報や参加者間のチャット用のウィンドウも表示できるようにしています。会議の参加者は、タブレット端末、ノートPCのいずれの端末でも会議に参加できるようになります。これにより、タブレット端末の導入が段階的でペーパーレス化が進まないお客様や、導入コストを抑えてペーパーレス会議を実現したいお客様においても、既存資産を活用して安価に導入・展開することができます。

PC・タブレット同期

データが残らないのでBYODでも安心

どのモバイルデバイスを利用しても、イメージ化した軽量な会議資料を高速にストリーミング配信する設計は変わりません、そのため、ネットワーク負荷を軽減したスムーズな会議進行が行えます。この設計は端末にデータが残りませんので、重要な資料を利用する役員会議・経営会議でも安全なペーパレス会議を実現できます。


音声機能もサポート!
Web会議のような映像がなくても遠隔地ともスムーズに会議!

「遠隔地との会議はしたいけど、映像は不要」、「電話会議での通話料を削減したい」、そんなニーズに応え、ペーパーレス会議機能に音声会議機能をサポートしました。音声も当然マルチデバイス対応ですので、iOS、Android、WindowsPCのそれぞれの端末で、会議資料を共有しながら音声会議を行うことができます。Meet Meetingの音声会議機能は発言権をローテーションする仕組みで、映像がなくても会議進行を妨げません。本社、支社の拠点間での会議や出張中のユーザとの打ち合わせなど、ネットワークがつながれば世界中どこでも利用できる会議室に縛られないペーパーレス会議システムです。

音声会議利用イメージ

LDAP認証連携をサポート。
会議資料だけでなく、ユーザ管理も簡単に。

Meet Meetingは、会議システム用のユーザ管理システムと、Active DirectoryなどのLDAPに基づくディレクトリサービスとの連携をサポートしております。LDAPを使用する既存の社内システムのユーザ管理情報を、会議システムでそのまま使用しますので、利用者は、普段利用しているユーザIDとパスワードでペーパーレス会議を行うことができます。管理者も会議システムのために新たにアカウントを管理する必要がありませんので、システム導入による運用負担も軽減されます。 LDAPのユーザ認証に加え、会議システムのユーザをゲストとして使用することで、組織外のユーザとも簡単にペーパーレス会議を行うことができます。


優れた操作性の提供

・Android、iPad、WindowsPC対応のシンプルで直観的なインターフェイス
・新開発のドキュメント共有プロトコルで、会議資料、手書き入力をスムーズに共有
・会議の作成から終了後の資料活用をWebブラウザで一貫して実施
・2G, 3G, LTE, WiFiなどクライアント端末が対応する多様な通信環境をサポート
・開催会議数、同時会議接続数が無制限


便利な機能

・Webブラウザを利用した会議の管理(登録、開催、資料保存など)機能を提供
・社内アドレス帳との連携をサポート(ファイルのアップロードまたはDBに連携)
・独自のドキュメント・動画変換エンジンを搭載し、多彩なドキュメントフォーマットをサポート(PDF, Microsoft Office, HTML, JPG, MP4など)
・参加者間のリアルタイムチャット機能を提供
・DRM Decoder連携をサポート(使用中のDRMドキュメントをそのまま利用可能)
・多様なPush通知機能を提供(会議の生成、会議の事前通知、会議の開始、会議の終了など)


BYOD対応のセキュリティ

・ドキュメントデータをクライアント端末に保存しないため、情報漏えいリスクを最小化
・クライアント端末との送受信データをSSLで暗号化して通信
・ユーザ認証(ID/パスワード)、デバイス認証(IMEI, MACなど)などのマルチファクター認証に対応
・会議中画面のキャプチャー防止


動作環境

<サーバ環境>(同時接続100ユーザでの推奨構成)
  • OS
    UNIX、Linux、Microsoft Windows
  • H/W
    CPU:4コア×2、HDD:100GB以上、RAM:16GB以上
  • データベース
    Microsoft SQL Server、MySQL
  • S/W
    Microsoft Office (Office製品で作成した会議資料を利用する場合に必要)
    Java SE6.0以降

<クライアント環境>
  • Windows PC版
    Internet Explorer8以降
    .Net Framework3.5
  • タブレット端末
    Android(2.3以降)
    iPad(6.0以降)
  • Webブラウザ(会議管理機能)
    Internet Explorer8以降、Google Chrome、Firefox、Safari